1.食事療法の改善をしましょう ~

食品交換表を利用し、指示エネルギーを守った上で、高血圧や高脂血症の方は特に、塩分や脂肪分の摂りすぎに注意しましょう。

2.からだを動かしましょう ~

運動は糖尿病の治療に欠かせません。同時に血圧を下げ、血行を良くし、ストレス解消に効果があり、そして何より肥満を防止して、動脈硬化の危険因子の多くを改善する、とても重要な意味があります。

3.喫煙やアルコールをできるだけ抑えましょう

喫煙は血管を収縮させて高血圧を起こしたり、血管の壁を傷つけて動脈硬化を招く、重大な危険因子です。飲酒は適量なら高血圧や動脈硬化によいといわれています。
しかし、糖尿病や高脂血症には悪いので、糖尿病の人が動脈硬化防止のためにお酒を飲むというのは間違っています。

4.精神的ストレスをため込まないようにしましょう

日常生活の中で感じるストレスも血圧や血糖を上げる要因となりますので、なにかしらストレスを発散する方法を見つけるようにしましょう。
これらの病気にはそれぞれ共通点がありますので、危険因子をひとつずつ減らしていけば病気を防ぐことができます。 逆に何かひとつでも病気があればそこからいろいろな病気を併発することを忘れないようにしましょう。

食事療法の改善を

食品交換表などを利用し、指示エネルギーを守った上で、高血圧や高脂血症の方は特に、塩分や脂肪分の摂りすぎに注意しましょう。

からだを動かしましょう

運動は糖尿病の治療に欠かせません。同時に血圧を下げ、血行を良くし、ストレス解消に効果があり、そして何より肥満を防止して、動脈硬化の危険因子の多くを改善する、とても重要な意味があります。

喫煙やアルコールをできるだけ抑えましょう

喫煙は血管を収縮させて高血圧を起こしたり、血管の壁を傷つけて動脈硬化を招く、重大な危険因子です。
飲酒は適量なら高血圧や動脈硬化によいといわれています。
しかし、糖尿病や高脂血症には悪いので、糖尿病の人が動脈硬化防止のためにお酒を飲むというのは間違っています。

精神的ストレスをため込まないようにしましょう

日常生活の中で感じるストレスも血圧や血糖を上げる要因となりますので、なにかしらストレスを発散する方法を見つけるようにしましょう。
これらの病気にはそれぞれ共通点がありますので、危険因子をひとつずつ減らしていけば病気を防ぐことができます。
逆に何かひとつでも病気があればそこからいろいろな病気を併発することを忘れないようにしましょう。

糖尿病が、歯に与える影響について

高血糖が続くと歯にどのような影響が出るの?

1.だ液の量が減る

だ液の量が減ると口の中が乾燥し、虫歯や歯周病が発生しやすくなり、またその進行も速くなります。

2.だ液中のブドウ糖が増加

だ液中のブドウ糖は歯垢(しこう)の形成や付着を促進するため、虫歯や歯肉炎、歯周病が起こりやすくなります。

3.白血球機能の低下

白血球は細菌の侵入を防ぐ重要な役割を果たしていますが、特にインスリン依存型の糖尿病患者さんの場合、白血球の機能が低下することがあるので、歯周病の原因菌が増殖しやすく、歯周病を進行させます。

4.微小血管障害が起こる

微小血管障害が起こると、血液の循環が悪くなり、細菌に感染しやすくなり、歯周病にかかりやすくなります。

傷が治りにくくなることをいいます。つまり歯周病の治りも悪くなるということです。

5.コラーゲンの合成を阻害


甘く見てはいけない!歯周病と全身疾患

歯周病患者が心筋梗塞を患う確率は通常の3倍

心筋梗塞を引き起こす歯周病原菌の一種、PG菌は、血液中を流れるコレステロールを血管に付着させる力が強く、血栓を作り、動脈硬化を進行させる原因を生みます。
これが、心臓の重要な血管、冠状動脈に起きて、心筋梗塞を引き起こしてしまいます。
歯周病原菌が要因と思われる病気は、他にも、狭心症、脳血栓、脳梗塞、肺炎などがあり日本人の死因となる病気の2位、3位に関係しているのです。

糖尿病患者さんのための歯周病予防と治療のポイント

  1. 食後30分から1時間以内に歯を磨き、歯についた汚れをていねいに取り除きましょう。
  2. 歯肉が痛かったり出血したとしても、きちんと歯を磨きましょう。
      続けているうちに歯肉が健康になり出血しなくなります。
  3. よく噛みましょう。唾液の分泌量を増やすことによって、細菌を洗い流し、炎症を起こしにくくします。
  4. 歯垢ができにくい食事を心掛けましょう。ビタミンC・E、食物繊維の多い食品は歯垢ができにくい食品です。
  5. 正しく歯磨きができているかどうかを、自分で染色剤を用いてチェックしてみましょう。
  6. かかりつけの歯科医を持ち、年に2回は検診を受け、歯石を取っていただきましょう。
  7. 血糖を良好にコントロールしましょう。

失明の最大の原因は発見が遅れること

一般の成人病検診でも眼底検査を受けることは出来ますが、網膜症を早期発見するためには、眼科医の精密な眼底検査が必要です。糖尿病と診断されたら自覚症状が無くても検査を受けることをお勧めします。
また、2型糖尿病の人で、高血糖を放置し、網膜症が見つかったために急に厳格な血糖コントロールを始めると、網膜症を悪化させてしまうことがあります。内科的な治療と共に、眼科での厳密なチェックが必要です。