糖尿病腎症は透析導入の最大原因

糖尿病腎症は糖尿病の3大合併症のひとつです。

糖尿病にかかって10年以上経過している人で、糖尿病のコントロールが悪く、高血糖状態が長い間続いていると、腎臓の糸球体の毛細血管に障害が起きてきます。

そのため腎機能が低下して、尿の中にタンパクが出てきたり、高血圧やむくみなど腎炎と似た症状が起こります。

進行すると、腎不全から尿毒素となり透析が必要になります。

 

 

腎臓の中にある糸球体は、血液中の老廃物を尿中に排泄するろ過器の働きをしています。

糖尿病で高血糖状態が続くと、糸球体を構成している細かい血管が動脈硬化をおこして固くなり、糸球体の組織の目が粗くなって、ろ過機能が低下します。

するとタンパク質が糸球体の網の目を通り抜けてタンパク尿が出たり、尿を作る働きが低下して老廃物が排泄されなくなり、体内にたまる糖尿病腎症になります。

早期発見が鍵です!

糖尿病性腎症は自覚症状が無く、検査でタンパク尿が出たときにはすでに発病しており、いったん発病すると腎症を完治することは出来ません

しかし最近では尿中の微量なアルブミンを調べて、ごく初期の腎症を発見する検査が行われるようになりました。

早期発見して厳しく糖尿病をコントロールすれば腎症の発見を抑えることが出来るので、糖尿病の人は定期的に検査を受けることが大切です。

 

腎臓の中にある糸球体は、血液中の老廃物を尿中に排泄するろ過器の働きをしています。

糖尿病で高血糖状態が続くと、糸球体を構成している細かい血管が動脈硬化をおこして固くなり、糸球体の組織の目が粗くなって、ろ過機能が低下します。

するとタンパク質が糸球体の網の目を通り抜けてタンパク尿が出たり、尿を作る働きが低下して老廃物が排泄されなくなり、体内にたまる糖尿病腎症になります。

早期発見が鍵です!

糖尿病性腎症は自覚症状が無く、検査でタンパク尿が出たときにはすでに発病しており、いったん発病すると腎症を完治することは出来ません

しかし最近では尿中の微量なアルブミンを調べて、ごく初期の腎症を発見する検査が行われるようになりました。

早期発見して厳しく糖尿病をコントロールすれば腎症の発見を抑えることが出来るので、糖尿病の人は定期的に検査を受けることが大切です。

なんと言っても血糖を良好に保つことです。

一方腎臓は病気がなくても、肺や心臓など他の臓器と同様、年齢と共に機能が弱ってきますが、これに加えて、過食、高タンパク食、高塩分食が腎機能低下を助長する因子として知られています。いずれも食事さえきちんと対応していれば防げることなのです。

太り過ぎや塩辛いもの、肉などのタンパク質の摂りすぎに、日頃から注意しましょう。

また、加齢による腎機能の低下は、50歳を過ぎると、性差別があらわれることが分かっています。

女性の緩やかな低下に比べて、男性では機能の低下が強く見られます。

言い換えれば、それだけ、男性の方が腎障害にかかりやすい傾向にあるとも言えます。

同様に、家族に腎症の人がいれば、遺伝的なものや、環境、食事などの習慣が似ているなどの理由で、腎症にかかりやすい傾向があるので、気をつけてください。

腎臓に優しい生活を

糖尿病の合併症は、自覚症状のないまま進行するので、腎症の場合、症状の一つであるむくみに気づくころには、すでに腎症は透析導入が視野に入るところまで進んでしまっています。

また、腎症を併発すると、糖尿病に対する食事管理に加えて、腎臓障害に配慮した塩分、タンパク質の摂取制限が、腎症の進行段階に応じてむずかしくなり、食事療法がいっそう難しくなっていきます。

自覚症状がなくても、血糖コントロールをよくし、定期的に尿検査を受けたり、塩分やタンパクの摂り過ぎに注意した食事にするなど腎臓にやさしい生活を実行することが、糖尿病による腎臓障害を予防するうえで大変重要です。