甘いものを食べないから糖尿病にはならない』意外とそう思っている人が多いようです。『糖尿病』という病名から、砂糖=甘いものの食べ過ぎというイメージになるのでしょう。
確かに、甘いものを食べ過ぎると糖尿病になりやすいことは事実ですが、甘いものを食べなくても糖尿病になる可能性はあるのです。
このように、普段よく耳にする『糖尿病』ですが、なぜ病気になるのか、どのような病気なのか、誤解されている面もあるようです。

糖尿病は年々増加傾向にあり、重篤な合併症を引き起こす怖い病気です。 糖尿病についての正しい知識を身につけ、発症・進行を予防しましょう。

『甘いものを食べないから糖尿病にはならない』はウソ

糖尿病は、インスリン(インシュリン)という血糖(ブドウ糖)をコントロールするホルモンの働きが悪くなり起こる病気です。 

食事をすると、血液中のブドウ糖濃度である血糖値が上がります。増えたブドウ糖を感知すると、膵臓からインスリンが分泌され、血糖値を常に一定に保ちます。

このインスリンが正常に機能しなくなると、高血糖状態が続いたままになり、糖尿病となるのです。

ブドウ糖は、主食であるお米やパンなどの炭水化物に多く含まれていますので、甘いものは食べないけれど、ラーメンやご飯が大好き、という人も糖尿病になりやすい人といえます。

また、インスリンを分泌する膵臓の機能低下によっても糖尿病は引き起こされますので、アルコールの飲みすぎで膵炎を発症し、続発性の糖尿病になるケースも。 

糖尿病予防には、甘いものだけでなく、全体的な食生活に気を付ける必要があるのです

『尿糖が出なくなったので糖尿病も治った』はウソ

食事制限や肥満解消により血糖を正常値に保ち、尿糖が出ないようにすることはできるかも知れませんが、気を許して食生活が元通りになると、また血糖値は上がってしまうでしょう。尿糖がでなくなったからといって、糖尿病が治ったとは言えないのです。 

インスリンを産生しているβ(ベータ)細胞は、破壊されると元には戻らないため、糖尿病は治らない病気だといわれています。

糖尿病は、診断基準はあっても完治基準のない病気です。

まずは、糖尿病にならないことを心がけ、糖尿病予備軍と診断されたらすぐに生活習慣の改善に取り組みましょう。

『糖尿病は知らないうちに進行している』はホント

糖尿病には痛みを伴うような自覚症状がありません。検査で血糖値が高いと言われてもそのまま治療を受けずにいる場合も多いのです。

しかし、糖尿病はそのままにしておいて治る病気ではなく、むしろ大きな合併症を引き起こすリスクが高くなります。
検査で高血糖を指摘された時は、必ず医師の診察をうけましょう。

また、近年、健康診断などで見つかりにくい『かくれ糖尿病(食後高血糖)』が増えています。
かくれ糖尿病とは、健康診断は通常空腹時の状態、つまり血糖値が下がった状態で検査を受けるため正常と判断されますが、食後の血糖値が糖尿病患者さんと同様に急上昇するのです。
この状態を放置しておくと、糖尿病を発症してしまう『糖尿病予備軍』ですが、この時期にしっかりと生活習慣を改善し、食生活の見直しや運動を行うことで、糖尿病発症を抑えることができます。
まずは、自宅で診断できる市販の糖尿病検査キットなどで、定期的に食後の血糖値を測定し、糖尿病の早期発見を心がけましょう。

糖尿病になる原因は甘いものの食べ過ぎ?

『甘いものを食べすぎると糖尿病になる』とよく言われます。これは、決して間違いではありませんが、『甘いケーキはダメだけど、甘くないおせんべいなら大丈夫』ということではありません。
では、糖尿病を予防するために、どのような食事が良いのでしょう。
なぜ糖尿病になるのか、その原因を知ることで、最善の予防法が見えてきます。

糖尿病発症のメカニズム

食事で摂取した糖質は、胃で消化・分解され、腸で『ブドウ糖』として血液中に吸収されます。
ブドウ糖は私たちが生きていくために必要なエネルギーですが、単独では細胞に取り込まれません。すい臓でつくられる『インスリン』というホルモンの働きによって、初めて細胞はブドウ糖をエネルギーとして利用できるようになります。

血液中に含まれているブドウ糖を『血糖』といい、濃度は食後に高くなりますが、インスリンの働きでエネルギーに変換され、一定の値に保たれるようになっています。
しかし、インスリンの効きが悪くなったり、インスリンが減少したりすると、血液中のブドウ糖の濃度が高くなり、『高血糖』となります。このような、高血糖状態が続くことを『糖尿病』といいます。

糖尿病発症のカギを握るインスリン

インスリンは、すい臓のβ細胞がつくり出す、唯一血糖値を下げることができるホルモンです。糖質を摂取しても、β細胞が頑張ってインスリンをつくり出し、血糖を正常値まで下げてくれている間は、糖尿病にはなりません。
しかし、食べ過ぎや運動不足で高血糖状態が慢性的に続くと、β細胞は休みなくインスリンをつくり続け、やがて疲労が溜まってくると、β細胞は壊れてしまいます。インスリンの分泌量が少なくなると、やがて糖尿病を発症します。
壊れてしまったβ細胞は、もう元には戻りません。糖尿病が治らない病気といわれるのはこのためです。

また、インスリンの分泌量は正常でも、インスリンの効きが悪く、糖尿病を発症する場合もあります。これは、受け取る側の細胞がインスリンをキャッチできない状態のことで、インスリン抵抗性といい、主に運動不足と肥満が原因と言われています。
インスリン抵抗性があると、β細胞はインスリン不足だと勘違いし、通常よりも活発にインスリンをつくり出そうと働きます。そして疲労を増大させ、インスリンをつくり出すことが出来なくなるのです。

糖尿病を予防する食事

糖尿病にならないためには、インスリンを大切にすることが最重要です。壊れてしまったβ細胞は二度と元には戻りません。細胞が壊れる前に、すい臓に負担をかけない食生活を心がけるようにしましょう。

①肥満・食べ過ぎの改善

まず、肥満や食べ過ぎを自覚している人は、食生活の見直しを! 過度なカロリー摂取を控え、健康な食生活を送りましょう。肥満を改善することで、インスリン抵抗性も改善することが考えられます。

②糖質の少ない食事

インスリンを過剰に分泌させないよう、糖質の取り過ぎにに注意してください。ブドウ糖は脳のエネルギーとなる大切な栄養素ですから、欠かすことは出来ません。過剰な制限は必要ありませんが、ラーメンとご飯、焼きそばとチャーハンなど糖質の多く含まれる炭水化物ばかり食べる等は注意が必要です。

③ゆっくり食べる

ゆっくり食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。満腹感も得られ、過食を防ぐこともできます。

④食べる順番を工夫する

糖質の吸収を遅らせる効果のある、食物繊維やタンパク質を先に食べましょう。ほんの少しの工夫で、血糖値の動きが大きく変わります。
糖尿病予防は、小さな食生活の改善を行い、習慣にすることが大切です。

糖尿病になる原因は食事

糖尿病と診断されると、食事療法が基本治療となります。
それほど、糖尿病と食事とは密接な関係にあり、糖尿病になる原因は食事にあるとも言えます。どんな食事が糖尿病を発症させるのか。 予防するためにはどんなことに気を付ければいいのか。
また、糖尿病予備軍(境界型糖尿病)といわれる高血糖の方が気をつけるべきことなど、糖尿病と食事の関係について考えてみましょう。

糖尿病には、食べてはいけない物

糖尿病の食事療法というと、甘いものやカロリーの高いものを食べてはいけない、と思われがちですが、『糖尿病だからダメ』とか『糖尿病に効く』という食品はありません。
気をつけなければならないのは、食品よりも『血糖値』です。食事を摂ることにより血糖値は上昇しますが、『急激に上げない』『上がり過ぎないようにする』ことが大切なのです。
では、どうすれば血糖値をコントロールすることができるのでしょう。

食べ過ぎ注意

血糖値が上がりすぎる第一の原因は食べ過ぎです。必要以上のカロリーを摂取すれば、当然基準値よりも血糖値は高くなります。まずは適切な摂取カロリーを知ることから始めましょう。

1日に必要な摂取カロリーは、『身長』『体重』『身体活動レベル』から算出します。一般的な成人の摂取カロリーの目安は、約1,800kcal~2,200kcalといわれています。

1日の必要摂取カロリーの目安

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
摂取カロリー=標準体重×身体活動量

※身体活動量
低い(あまり体を動かさない、事務や家事など)=25~30kcal
普通(座って行う仕事が中心で、立ち仕事などもある)30~35kcal
高い(力仕事の多い仕事)35~40kcal

食べ過ぎや肥満の人は必ず糖尿病になる、というわけではありませんが、発症の大きな要因であることは事実です。食べ過ぎていることに気が付いていない人も多いため、まずは自分の必要摂取カロリーを知り、ちょうど良い食事量を心がけてください。

基本は栄養バランス

カロリー制限をする際、ご飯や麺類、肉類を食べなければ良い、と考える人もいますが、これは大きな間違い。炭水化物、脂質、たんぱく質は三大栄養素と呼ばれ、身体を動かすエネルギー源として欠かすことのできない、重要な役割を持った栄養素です。これにビタミン、ミネラルを含めた五大栄養素を、バランス良く摂取することが重要です。

日本では昔から『一汁三菜』が基本の形でした。ラーメンだけ、丼ものだけ、など1品だけで済ますのではなく、できるだけ『ご飯』『お汁物』『おかず3種(主菜、副菜、副々菜)』の一汁三菜を心がけ、栄養バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

また、食物繊維は食後の血糖値上昇を緩やかにする働きを持っているため、海藻や野菜など食物繊維の多く含まれているものから食べ始めると効果的です。

時間に気をつける

一度に沢山のカロリー摂取を控え、『朝・昼・夜』1日3食均等に分けて食べることが大切です。一定の時間をあけて規則正しく食事をすることで、血糖値を安定させることができます。

よく噛んでゆっくり食べることもポイント。満腹中枢が刺激され、『お腹いっぱい』と感じるまでには、約15~20分の時間を要すると言われています。早食いをすると、満腹を感じるまでの間に、つい食べ過ぎてしまう傾向にあります。
満腹中枢が刺激されるのを待つようにゆっくり食べることで、過食を抑え、血糖値の上昇も緩やかになります。

低GI値食

最近注目されているのが、GIという考え方です。GIとは、食後の血糖値の上昇度しやすさの指標のことです。ブドウ糖を100とし、GI値が高いほど血糖値は急激に上昇し、低いほど血糖値の上昇は緩やかになります。
例えば、主食を白米よりもGI値の低い玄米に変えたり、麺類ならうどんよりもGI値の低いお蕎麦にするなど、GI値の低い食品を積極的に摂ることも糖尿病予防・改善に効果的です。

規則正しく、バランスの良い食生活を送ることが、最大の糖尿病予防・改善となります。このような食生活は糖尿病だけでなく、生活習慣病予防や肥満予防にも効果があり、健康的な生活を送るための理想的な食事と言えます。
糖尿病の心配のない方も、この機会に今の食生活を見直してみてはいかがでしょう。