糖尿病が、歯に与える影響について

定期検査を受けましょう 高血糖が続くと歯にどのような影響が出るの?

1.だ液の量が減る だ液の量が減ると口の中が乾燥し、虫歯や歯周病が発生しやすくなり、またその進行も速くなります。

2.だ液中のブドウ糖が増加 だ液中のブドウ糖は歯垢(しこう)の形成や付着を促進するため、虫歯や歯肉炎、歯周病が起こりやすくなります。

3.白血球機能の低下 白血球は細菌の侵入を防ぐ重要な役割を果たしていますが、特にインスリン依存型の糖尿病患者さんの場合、白血球の機能が低下することがあるので、歯周病の原因菌が増殖しやすく、歯周病を進行させます。

4.微小血管障害が起こる 微小血管障害が起こると、血液の循環が悪くなり、細菌に感染しやすくなり、歯周病にかかりやすくなります。

5.コラーゲンの合成を阻害 傷が治りにくくなることをいいます。つまり歯周病の治りも悪くなるということです。