サラシアで食事療法を楽に改善

パン屋の開業後ストレスと過労から糖尿病と診断

糖尿病で困っていた小野夫妻 夫が糖尿病とわかったのは、念願がかなったお店を開業した年でした。
朝早くから夜まで毎日食事を取る間もなく働いていました。食事は1日分をまとめて夜に食べる、という不規則な食生活でした。 夫の腕に小さな湿疹ができ、皮膚科で見てもらい、いただいた薬をつけましたが、治らなかったのです。
病院勤めの私はいろいろな糖尿病の患者さんを診てきた経験から「まさか?」と思い、夫に血液検査をしてもらいました。
私の悪い予感があたってしまいました。現実を知った私は夫に糖尿病の怖さを説明し、「食べすぎ」「禁酒」を徹底的に実行しました。
夫も不満を感じながらも食事を改善し、少しずつですがよくなってきました。そんなある日、新聞紙面の小さなサラシアの広告を見つけたのです。


糖尿病を克服した小野夫妻の思い出 さらしあ茶で糖尿病を克服した小野夫妻
小野さん 「糖尿病」と言われた時は本当にビックリしたよ。
奥さん 正直言って、あの時には『ビックリ』したわ。
小野さん 商売も始まったばかりで、不安で一杯だったよ。
奥さん ストレスで疲れていて、それをお酒の力を借りて紛らわしていた感じだったわ。
小野さん でもあの時はつらかったなぁ。
怒ってばっかりだったよな。
奥さん 「良くなってほしい!」と意地になっていたわ。私も言い過ぎたときが多かったわ。
小野さん 長い間我慢して支えてくれてありがとう。
俺が頑張ってこれたのはお前とサラシア茶のおかげだよ。

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。

(お客様の感想です。効果効能を保証するものではありません。)




「サラシアで、健康を取り戻しました。」

サラシアで毎日の元気を取り戻しました

糖尿病がさらしあ茶でよくなった中田社長 仕事柄たくさんの浄化槽を見ているので、浄化槽を見れば、そのご家庭の状態がわかります。 言わば浄化槽はご家庭のバロメーターなのです。 先日、一年ぶりに定期検査に行った時のお話です。その家は、浄化槽にいくら微生物を投入しても白濁してしまいます。
それが今回はとてもキレイ!だったのです。驚きと同時に「まさか糖尿病で入院されたのかな?」とよくない想像をしてしまいました。 しかし、勝手口から現れたのは奥さんご本人でした。
開口一番「お元気そうですね!」とご挨拶すると「サラシアを飲み始めたのよ。」と教えてくれました。


サラシア(さらしあ)茶でよくなられたお客様の内緒話

浄化槽で糖尿病がわかる
中田さん 奥さん、糖尿病で悩んでおられましたよね。心配していたんですよ
奥さん もうずいぶん長い間、糖尿病で悩んでいたわ。色々と考えることばっかりで。
中田さん お元気になられたのですね。
ニコニコ笑顔が素敵ですよ。
奥さん お友達からももらったサラシアを飲んでるの。そのサラシアがあってるみたい。
中田さん そのサラシアはどこで買えるんですか?僕も一度飲んでみたいなぁ。
奥さん 電話したら家まで送ってきてくれるわよ。 0120-45-3048 とっても便利よ。
私もさっきサラシア茶を注文したところなの

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。

(お客様の感想です。効果効能を保証するものではありません。)




合併症が発症する仕組み

成人の失明原因のトップは糖尿病 糖尿病の進行は非常に緩やかなので、多少糖尿気味だといわれても放置する人が多いようです。そして気がついた時には様々な合併症を発症していて後悔するのです。

成人になってから失明する原因の第1位は糖尿病です。

1988年に視覚障害による「身障者手帳」交付を受けた人の内、糖尿病性網膜症によるものが2,986人(18.3%)にのぼりました。

糖尿病と目に何の因果関係があるのかと、不思議に思われるかもしれません。

糖尿病になると血液内の糖分が異常に増えた状態が続きます。

ですから細い血管がまずダメージを受けることになります。

糖尿病は血管の病気とも言えるのです。

毛細血管を大事にしましょう 目の毛細血管に悪影響を・・ 目の奥にある網膜はカメラのフイルムにあたる部分です。

網膜は光の強さや色を感じ取り、その情報を脳に送ります。

網膜にはたくさんの毛細血管が張り巡らされており、糖尿病によってこの毛細血管が至るところでコブのようにふくれあがります。

この段階では視力低下を自覚することはほとんどありませんが、網膜症がすすむと網膜の毛細血管がふさがってしまいます。

血管がふさがると網膜が酸素不足になります。 それを解消しようと新しい血管がつくられますが、この新しい血管はもろく出血を起こしやすいのです。

大出血を起こせば失明につながります。

大出血までいかなくても出血を繰り返せば網膜剥離を起こして失明する場合もあります。

血糖コントロールをしっかり行わないと6~10年で約半数の糖尿病患者が網膜症にかかると言われています。

網膜症以外にも糖尿病による目の障害としては白内障や緑内障があります。 失明にまで至ってしまうともう二度と光は見られません。

統計によると日本では1,000人の糖尿病患者のうち3人(0.3%)が失明していることになります。

この数字、多いと見ますか?少ないと見ますか?

糖尿病と飲酒の関係

原則として禁酒

いきなり厳しい原則ですが、基本的には飲まないにこしたことがありません。それは以下の様な理由からです。

1・お酒には栄養素が全くなし

アルコールはカロリーが高く、他に見るべき栄養素が全くと言っていいほど含まれていません。そのため、栄養素バランスを崩しやすくなります。
アルコールをエネルギーの面からだけとらえて、ご飯などの他の食品と交換するのは適当ではありません。

2.食事療法が乱れる

アルコールは食欲を刺激し、肥満の原因となり、自己抑制がきかなくなる為、食事制限が守れなくなります。
このため、血糖のコントロールが悪くなります。食事療法の失敗の主な原因は、男性の場合はアルコール、女性の場合は間食だとされています。

3.低血糖を招くおそれが

  • 経口剤やインスリン製剤の効果を強くし、時には低血糖を起こす作用があります。
  • インスリン注射をしている場合には、時間によっては低血糖を起こしやすくなります。
  • 血中の中性脂肪の高くなりやすい人、血圧の高くなりやすい人、尿酸の高くなりやすい人が糖尿病では多いですが、アルコールはこれらを助長します。
  • 合併症のある場合は悪影響があります。

加齢とともに進行する糖尿病

加齢とともに臓器機能や体力の低下、病気が進行、発症したりするのは当たり前のこと。
糖尿病も例外ではありません。加齢は糖尿病誘因の一つです。
統計で見ますと、加齢とともに糖尿病の頻度は増加し、60歳をこえると男性でも、女性でも糖尿病の頻度は15%程度となります。すなわち、6人の高齢者のうち1人は糖尿病なのです。
現在、日本では約690万人の糖尿病患者が存在し、そのうち53%、365万人は60歳以上と推定されています。

加齢と共に進行する糖尿病

インスリン分泌量の不足

すい臓機能の低下などからインスリンの分泌量が不足します。

インスリン抵抗性の出現

一般に加齢そのものや、加齢に伴い筋肉が減少するとともに相対的な脂肪の増加をみます。
脂肪組織がインスリンの効き目を悪くします。
すなわちインスリン抵抗性は加齢現象のひとつと考えられています。
それに加え、恒例になると運動量も減ってきますので、ますますインスリンの効き目が悪くなり糖尿病の危険が高くなります。

加齢に伴う歯周病と糖尿病の相互の関係

加齢とともに歯周病にかかりやすくなります。
これは、加齢によって口の中の組織も弱くなること、細菌などの動きが弱まらず感染症にかかりやすくなることなどが原因であると考えられています。
細菌に感染した状態(虫歯や歯周病のある状態)では、インスリンに対する体の反応が悪くなり、血糖値が高くなりやすくなります。

★高齢であっても、よいコントロールの維持に努めれば、合併症の進展を確実に防げるだけでなく、気分も快適になって生活しやすくなるなど、精神的にも良い効果があることがわかっています。高齢者だからとあきらめずに、まだたくさんある可能性に向かって積極的に挑戦し、納得のいく人生にしていきたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

vvvvvv